お気軽にお問い合わせください
「セミリタイア元サラリーマンが教える、副業を進める7つの方法」 無料プレゼント!詳しくはこちら

プロフィール

大学卒業後、国内のメーカーで勤務していました。
入社後はとにかくがむしゃらに働き、仕事にもやりがいがあったので、我ながらいわゆる、やる気のみなぎる熱血サラリーマンだったと思います。

待遇にも不満はなかったのですが、ただ当時は現在とは違い、残業が当たり前・・・むしろ、定時では帰りにくいような職場環境。
平日朝8時から23時まで、それ以外に土日も出勤するということが続いていました。
ただ、仕事は楽しく、上司や同僚、そしてお客様もとても良い方ばかりでとても充実しておりました。しかし、自分のために使う時間はなく、ただぼんやりと「本当にこのままでいいのだろうか?」と少しだけ将来に不安を抱いていたのを覚えています。

実は、学生の頃から旅が大好きだった私は、バックパッカーとして50カ国を訪問した経験がありました。
日本にいると、周りの目を気にして自分らしくいられなかったり、窮屈さを感じていたのですが、海外という広い視野に立つことで思いっきり心を解放できることを知り、旅の魅力にハマったのです。
そんな私にとっては、こうして会社に「縛られている」という状況が次第に重荷に感じるようになっていったのです。

実は会社はやめようと思いました。
若いうちから色々とチャレンジをさせて頂き、とても頼りになる上司や先輩もいて、会社には大変感謝しております。
ただ、同じ顧客を5年も担当させて頂くと顧客との関係はでき、仕事はやりやすかったのですが、マンネリ化し、成長のスピードが鈍化していくのに気づきました。
そして井の中の蛙で終わってしまうのでは?という不安があり、辞めようと思うきっかけになりました。
その為、まずは外に出ても通用するスキルや精神を身につけようと、23時まで働いて帰ってきた後に、必ず毎日、筋トレと英語の勉強をする様になりました。
そして、そんな生活を1年間続けた結果、TOEICの点数も以前よりは上がり、「こんな飽きっぽい自分でも毎日少しづつ続ける事で成長できるんだ!」という自信に繋がりました。

そこで、前々から海外にて挑戦したい!と思い、上司に退職の相談をした所、とても親身に相談に乗ってもらい、その当時なかった、国内営業より海外営業、しかも欧州営業に移籍させて頂ける事になりました!
国内営業で鍛えて頂いた日の丸日本を背負い、欧州攻略を夢見ましたが、大きいなハードルが立ちはだかりました。
「ビジネス英語が話せない!」
学生時代に旅や、ちょっとした留学をしてましたが、ビジネス英語は話せず、どんなに頑張っても言葉が通じなければ赤ちゃんと一緒。
同僚は帰国子女ばかりで英語はペラペラ、「よくそんなレベルで欧州営業にきたなね?」と言われてしまい、とても焦りました。。。
最終的にはアメリカ人の家庭教師をつけて、英語での交渉力に磨きをかけた結果、それが認められて、念願のドイツ出向の辞令を頂け、その当時同棲していた妻とも結婚し、新婚生活をドイツで過ごす機会を頂けました!

ドイツに駐在するようになって衝撃的だったのが、ドイツの職場環境が非常に整備されていたということです。
残業なし、有給100%取得、病気なら無理せず休む、金曜は14時で終業・・・などなど。
現在は働き方改革により、日本でも似たような企業が増えてきていると思いますが、私がドイツに渡った当時の日本では考えられないことでした。

勤務時間は短くても、ドイツのサラリーマンたちは、とても生産性が高いように感じられました。
それは、家族や子どもとのプライベートの時間を大切にしつつ、限られた時間の中でしっかり成果をあげるという働き方が根付いていたからです。

「同じ一人の人間の人生なのに、日本人とドイツ人は時間の使い方がまったく違う
「日本に戻ったとしたら、あの環境で本当に充実した人生が送れるのだろうか?

日本を離れたからこそ、私自身が心の奥底で長きにわたって抱えていた“重荷”を、「このまま放置してはいけない大問題」として再確認することになったのです。
こうして、私は日本に帰らずに欧州にとどまる道を模索し始めるようになりました。

そんなとき、昔読んだ坂下仁さんの「今すぐ妻を社長にしなさい」をたまたま読み返す機会があり、感化された私は、当時、帯同VISAで働ける環境だった妻を社長に据えた個人事業をドイツで開業しました。

輸出ビジネス、現地ホテルへレストランの紹介機器の設置ビジネス、アジア工場への誘致ビジネス、お好み焼き屋開支援など・・・
しかし、様々なビジネスを試すも、どれも中途半端でことごとく失敗
今思うと、結局サラリーマンなので守られている環境にいて、最終的に「覚悟を決めてリスクを取れなかった」ために失敗したと思います。
単純に、「ドイツで生活したい」しか思っていなかった私の考え自体が中途半端で重みがなく成功しませんでした。
その意味でも、「あり方」、「志」を腹に添えれば自分自身に芯ができて、周りの皆様からも応援され、良いサイクルになると実感しております。

そして、夢破れた私は、あえなく日本に帰国にすることになったのです。

日本に戻ったあとも、やはり一度自覚した“サラリーマンとして会社に縛られる苦痛”は無視できないものになっていました。

そのため、もう一度何か新しいことを始めなければとアンテナを張り、サラリーマン属性をいかして国内に1棟のアパートを購入。
しかし、勉強不足のまま勢いで購入したため、理想的な収入が得られず、またもや失敗・・・
家族の仲もギクシャクし、何かがうまく回っていない、でも何がダメなのかがわからないという状況が続きました。

この反省をいかして、私はさらにビジネス書を読んだり、勉強会やセミナーに通うようになりました。
貿易実務検定勉強会、環境管理士勉強会、不動産投資セミナー、営業スキル向上セミナーなどなど。

そこで、再度「今すぐ妻を社長にしなさい」の坂下仁さんの「お金のソムリエ」セミナーと出会うことになったのです。

「お金のソムリエ」セミナーの良いところは、家族同伴で参加できるということ。
家計のスリム化、無駄の排除、海外不動産の取得など、目からウロコの情報をたくさんいただき、それを一緒に学ぶことができました。
とはいえ、「お金のソムリエ」では、お金儲けのハウツーやテクニックを教えてくれるのではありません。
それよりももっと土台の部分にある、価値観や考え方を見直すきっかけをくれたのです。

私にとって最も重要な気づきは、家族としての将来の夢・・・私たちにとっては「旅育世界一周!」が具体的に思い描ける様になったことだと思います。
夢の輪郭が見えると、自ずと行動が変わります。

  • 妻を代表にした会社を設立し、妻と将来についてよく話すようになった
  • 会社に遠慮せず、有給、育休を取得できた
  • 望まない場所への海外出向をはっきり断ることができた
  • 一般サラリーマンが参加できない投資案件に参加し、お金が回る仕組みを構築できた
  • 自分と近い価値観を持つ仲間がたくさんできた
  • 育休を1ヶ月取得、夢だったキャンピングカーを購入して旅ができた
  • 購入したキャンピングカーのお陰でビジネスに繋げられた

私自身が一番これを実感しているのですが、このセミナーに出会ったおかげで、現在私は自分の特性をいかし、好きなことをやりながら収入を得るための勉強やチャレンジを続けています。

そして、ついに2020年にはサラリーマンを卒業するまでに至りました。



私は、お金や時間に縛られず自由に生きられる生活を手に入れることができました。
そのおかげで、サラリーマン時代よりも幸福度が格段にアップしました。

もちろんこれは、私自身がもともと旅好きで、気ままに生きることに向いているタイプの人間だったということもあるかもしれません。
ですから、すべての人にサラリーマンを辞めることを勧めたいわけではないのですが・・・

ただ、もしあなたが以前の私のように、心の奥底にもやもやを抱えているのであれば、このまま定年までサラリーマンを続けていると、きっと死ぬ間際に後悔するでしょう

とくに日本のサラリーマンは厳しい環境で

  • 体調が悪くても無理して出社する
  • 災害で電車が止まっても出社する
  • 父親として育休が欲しいけど取りにくい
  • 仕事が終わっても定時には帰りにくい
  • 出向や転勤が断れない

・・・これでは結局のところ、「あなたの人生や時間を切り売りしている」ことになりませんか?

お金はさておき、時間だけはどう頑張っても戻すことはできません。

よく、「Time is Money」と言いますが、100年時代の現在、「Time is life!」に変わりました!
どんなに大金持ちになっても時間はお金では買えません。そして、「今」という瞬間はもう2度と戻ってきません。
だからこそ、自分が思った通りに時間を使えるということは、誰にとってもプライスレスの価値があると思うのです。
私はそれに気がついたから、新しい生き方を見つけることができました。



私の活動理念は「未来のある子どもたちの笑顔を増やす!」です。
そのために欠かせないのが、家族みんなの幸せであり、その鍵は家族の中で“最も時間を自由に使えない人”、すなわち、サラリーマンであるパパが握っているように思います。

キャンピングカーに関する活動も、サラリーマンへの情報発信も、すべては「多くの人が視野を広げて、“本当の幸せ”を感じられる生き方を見つけてほしい」と願っているから。
そのために、私自身の経験やアドバイスなどがお役に立てるなら、ぜひ活用していただければ幸いです。


History

鹿島 庸介(かしま ようすけ) 略歴

1979年6月 母親の実家があった福岡県で生まれる
その後、北海道札幌市、埼玉県上尾市、東京都文京区に転居
2003年3月 工学部機械工学科卒業
2003年4月 一部上場国内半導体メーカー勤務
国内営業を6年間担当し、福島県いわき市、京都府京都市に転居
2011年1月 海外出向のため、ドイツ デュッセルドルフに転居
2016年1月 帰国し、副業やお金に関する勉強を始める
2020年4月 セミリタイヤをして、旅をしながら子育てをする「旅育」活動を本格的に始める

現在の仕事・実績

  • FP3級資格取得
  • 「お金のソムリエ」マスター認定講師、グランドマスター取得
  • 講師歴2年でセミナー受講生、45組63名の実績
  • 不動産投資
  • 輸入ビジネス/リアルタイム展示会ビジネス
  • キャンピングカー欧州部品サプライヤー交渉代理業
  • キャンピングカーレンタル事業
  • インバウンド向けキャンピングカーレンタル事業
      など、実績多数。

「本業<副業」で

本業に縛られない
生き方ができる!

副業を軌道に乗せ、縛られない生き方を実現する
実体験に基づくリアルなメソッドを大公開

ご質問、ご相談は無料!

セミナーの申し込みにあたり、

・お金のソムリエセミナーって本当に役に立つの?
・自分にも受講できるだろうか?
・なんだか怪しいけど大丈夫?

などご心配がある方もどうぞご安心ください。

お申し込みいただく前に、あなたからのご質問やご相談に無料でお答えしております。お気軽にお問い合わせください。

このセミナーの認定講師も務める私がマンツーマンで、ご質問やお悩み、お困りごとにオンライン会議(Zoom)にてお答えいたします。

一人でも多くの方がこのセミナー受講をきっかけに、新しい未来を手に入れて、ご家族みんなで幸せになっていただきたい、そして、子どもたちの笑顔を増やしていくお手伝いをしていきたいと考えています。

あなたからのお問い合わせをお待ちしております!